2014年06月19日

ContrabassかUpright Bassか〜セッテングの妙


コントラバスネタである。
興味のある方だけ読んでほしい。
コントラバス関係者向けであるが。

ブログの何処かで話していた内容の続きなのだが、
それが何処にあるかわからない。

過去ブログの整理中なので
発見したらここに掲載するので今は失礼する。


コントラバス、ダブルベースというか、
いつも言い方に悩む楽器なのだが、

この楽器は出音が遅れるから
前に前に弾かないと音楽が遅れると話した記憶がある。

それについて補足と前回の間違えの修正をする。


何故かと言うとセッティングで出音が変わるからである。

答えは魂柱である。

楽器の中に立っている柱である。

わからないって?知らないって?
だから興味の無いやつは読むなって言ってるだろう。
どうせマニアックな話になるのだから。


楽器を生音でガンガンだすセッティング
ピックアップで拾ったり、
マイクで拾ったりするために
楽器の周辺だけで良い音が出るように、
楽器をわざと鳴らさないセッティングがある。

ガンガン出すセッティングはもちろんクラシック用。
弓で弾いて、生音だけで勝負できるようなセッティング。

この場合は弦の振動に対して、
楽器の裏板の音は遅くなる。結構遅くなる。

私の楽器は先日までそういうセッティングだったものだから
ライブを録音して聞くと、どうも遅れて聞こえるベースの音が。

それも生音で。

これがコントラバスの音が遅れる現象なのである。

つまり、
このセッティングの状態でアンプにつなげて演奏すると
弦の振動がアンプで拾われて増幅してスピーカーから出る。
そして胴体の音も拾っているので
この音が後から遅れて出るのである。

だからどの出音で音楽に合わせればいいかわからなくなる。

でも基本は胴体の音がコントラバスの音だから、
胴体の音で合わせなければならない。

そうするとやはり早めに弾かないといけないから、
前に前に弾かないといけない、

という事になる。

クラシック音楽のオーケストラの中にいる
コントラバスは、音楽より少し前で弾かれていないと
音楽の後からくっついてくる様な音で聞こえる。

そんなオーケストラ多いけどね。



でもいわゆるバンドの中で弾くとなると
それが結構問題になる。

やはり弦の弾かれるタイミングで合わせたいのが
人間の自然な感覚である。

それにメンバーの近くで弾いていると
彼らにも弦の音も聞こえてしまう。

前目に弾いていると早すぎると感じられてしまう。

でも客席での音は丁度いいのだけど。


だからそれを解決するのに、
魂柱のセッティングを変えるのである。

簡単に言ってしまうと緩める、だけである。
(もちろんそれだけではないのだが)

楽器のレスポンスが弦の振動に近くなるので
マイクやピックアップで増幅する場合、
二重な音になりにくい。

悪く言えば、裏板がなりにくいセッティング。

これでベースは前目に弾かないといけないという
呪縛から少し開放されます。


ニューヨークの楽器屋で
いつも不思議に思っていたのだが、
いつ見ても弦を全部外さすに
緩んだ弦の何本かを駒に残して
魂柱のセッティングをしていた。

やっと何故か理解できたのである。

向こうの楽器屋は
修理をしている所を見せてくれる。
足を踏み入れても何も言われない。
修理した場所、これから修理する場所、
方法を見せてくれる。

情報開示をちゃんとしているのですね。

日本では裏で修理して持ってくるから
この違いは何なのだろうといつも思っている。


結論である。

クラシック音楽を演奏する場合は
しっかり楽器が鳴るようにセッティングして、
楽器の胴体の音を音楽に合わせるように
少し早めに弾く。

ジャズ、ポップス系の場合は
魂柱をゆるめて弦と楽器の振動を
出来るだけ近くすることによって
弾くタイミングをわざと早めにすることなく
音楽と同じタイミングで弾くことが出来る。


今までいろんな人にいろいろ言われたことが、
やっと理解、吸収できた、

そんな年頃になりました。(笑)



posted by Tao at 12:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽談義
この記事へのコメント
僕の拙い経験からですが、
私的な解決策(楽器の正しい鳴らし方?)を見つけました(見落としを再発見)。
実はこの方法は二十数年以上昔、ウッドベースを始めた頃にたまたまゲットしたバークリー音楽大学の日本語版テキスト(遥か昔に絶版)に記述の基本的な奏法説明の最も最初の項目にあったもの(見落とし、失念)。
数年前にたまたま改めて読み直し(本自体は紛失。たまたまコピーをとっていた)て見たら、、、
それこそ目からウロコがぼろぼろと落ちまくり、、、
長年あちこち故障を重ね重ねて四苦八苦していた今までは一体何だったのか?

一点は、ピチカートの際には指先の掛りは極浅く(指先五ミリ程度。一センチだと掛かりすぎ?)にする事。
絶対に深くかけてはいけない!(多分世間の一般的な考え方とは真逆かと。)
楽器の構え方(流儀にも因りますが)は、体幹から45度に構える事。
(こうする事で体幹(身体の中心線)上に自然にピチカートポイントが来る事を確認)
弦は指板(表板)に45度で入力する事。(みたいなイラスト入り)
、、、結局は45度+45度で、体幹前方からの『自然落下運動』ではなかろうか!!!??
引っ掛かりが浅くする事で失われる音量等はピチカートスピード(弦をヒットする刹那(瞬間より更に短い時間単位)のスピード)をマキシムに。(ドラムのスティックコントロールやピアノの打鍵、ゴルフや野球のバット等のスイング、空手、ボクシング、カンフー等打撃系、、、等の極意に同じ)
指先に常に腕の自然な過重(重力)が反映している事。
(ピチカート主体なのに弓を練習する(よくしなさい。)の本当の効用は実はコレの為かも?)
コレは例えば歌や管楽器の腹式呼吸にも相当する大事。
オルタネート系、3指、4指!バラバラでもコレが出来ていると、、、
結果、立ち上がりが早く楽器全体が自然に良く鳴りつつクリアでヌケる、、、に成るかも?
Posted by 島のたぬき at 2014年11月14日 20:54
島のたぬきさん、

コメントありがとうございます。
この弾き方、わかります。これはこれでいい音するのですよね。

でも、本当に最近わかったのですが、Swingさせるにはこれでは弱いのです。う〜ん、言葉で説明するには難しいのです。ヨーロピアン的なサウンドにさせるには最高の弾き方ですが。

これだと、弦高が低くてもいい音させられるからいいのですよね。でも、最近知ってしまったことが多くて、これだと物足りないのですよ。楽器の鳴りが半端無くよければこれでもいいのですが、私の楽器は6弦ですからね。
Posted by 管理人 at 2014年11月15日 01:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100065539

この記事へのトラックバック