2012年11月19日

マレーネ・D 大阪公演

IMG_20121118_113108.jpg

東京から続いて
16日から18日まで
大阪は森ノ宮ピロティホールでした。

演奏者は前の日に入って
セッティングの確認。

私は早めに大阪に入って
この6弦コントラバスを買った
ゼーレ弦楽器に寄って、
パーツをお願いしていたものや
ちょいとチューンアップして貰い
やっとこの楽器のセットアップ完了。

後は腕を磨くだけです。(笑)

IMG_20121118_113146.jpg

ステージ上はそうでもないのですが、
裏はやはり青山劇場に比べ
狭いのでやりくりが大変なようでしたが、
無事3日間終了しました。

IMG_20121118_113225.jpg

演奏者の仕事場。
ステージを客席から見て
右側奥になります。

IMG_20121118_113246.jpg

演じるステージは
元々ステージ上に作られた
円形のステージがあるのですが
青山劇場では更にせりを下げて
バンドはもっと下に位置していたのですが、
ここはせりがないので
本当にオンステージな感じになりましたね。

IMG_20121118_113513.jpg

上手袖からの写真。

IMG_20121118_113552.jpg

その中での私の仕事場。

IMG_20121118_113633.jpg

私の演奏位置から見た客席。


宿泊での公演だったので
毎晩飲みにあちらこちらと。
役者の方々ともご一緒できたのも
大阪公演ならではですね。


今回は弓での演奏が多かったので
個人的に本当に勉強させて頂きました。

金もらって練習もないでしょうが、(苦笑)
今回は本当に弓の使い方の修正が出来て、
やっと人前で演奏できるレベルになってきたと
自覚出来るようになりました。

それまでは本当に苦節10年以上、
師匠に習いながら、それでも言われたことが
中々できずに本当に時間がかかりました。

やっとコントラバスの音が出るようになって、
ちょっと嬉しい今日この頃です。(笑)

後はアンサンブルでの音程のとり方ですかね。
これももっと時間がかかりそうですが。


IMG_20121117_122356.jpg

これが私の楽屋。

このホールはこういう大所帯がやるには
楽屋が少なすぎてですね、
私は役者と同じ部屋。

それも鏡前でなくテーブル。

なかなか斬新なアイデアだと思って
写真に撮っておきました。


短い間でしたが楽しかったです。

帰りは新幹線で爆睡。
楽しかったといえど、
やはり疲れていましたね。


自分はこういうミュージカルなど
劇伴はたまにはやっているのですが、
実は今回はじめてこういうシリアスな
題材ものをやったのです。

今までは何故かコメディ系ばかり。

マレーネ・Dのような内容は
私には合っていました。
と今回わかりました。


それ以外にも気持ちの持ち方次第で
見方も変わるのだと反省も。


さて、明日からまた頑張るぞ!


みなさんお疲れ様でした。
ありがとうございました。

そしてこの仕事を紹介してくれた
今尾さんには言い表せないほどの大感謝!




人気ブログランキングへ
posted by Tao at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏記録