2012年01月29日

オーケストラ

映画の話です。

「オーケストラ」という映画を見ました。これはフランス映画?ロシア映画?

もうちょっと期待していたのですが、まぁこんな感じなのかなぁ。でもこんな事言って最後のチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲では涙を流してしまいました。時代背景を使ってストーリーを作るのは一向に構わないのですが、ちょっと最近その手の映画が多かったので中身的には残念だったかも。でも出演している方々の演奏能力とか努力は見て取れるので。

でもね、エンターテインメントの域を出ないという感じで残念の一言。フランス映画の、先日ブログでも書いたピアフに比べたら、う〜んって感じ。

それでもクラシックをもっと演奏したい私としてはヨーロッパに行きたい気持ちがさらに強まりましたが。

というわけで以上、身勝手な映画評論でした。次は待ってました「スターウォーズ」全6作についてです。
posted by Tao at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画