2011年10月29日

今年最後の宮城へ

111029_103409
今日は今年最後の宮城へ。今回は仙台でなく栗原市。ここはシャープス&フラッツの本当の最後の最後のファイナルコンサートが行われた土地です。また戻って来るとは思いませんでした。

というわけで、仙台駅では下りずにくりこま高原駅へ。やまびこなので結構時間がかかりましたけど、何事もなく無事到着。

迎えてくれるのはまたいつもの東北の大手建設会社会長さん他、いつもの方々。私は今回で今年は終わりなので感謝を込めて、また復興をいち早く願う思いで良い演奏ができるようやって参りました。

111029_125528
今回の演奏場所はお祭り。栗原市の産業祭りにきました。見ての通りステージすぐ前には客席がない。実は席は屋根のある所からになっているのです。ちょうどこの写真を撮ったあたりからなのですね。10月終わりとはいえ、日差しは熱いですしね。ただ、我々も楽器の都合、直射日光はちょっと困ったものですが。でもそんな事言っている場合ではない。来てしまったのだから演奏しないと帰れませんね。

111029_114523
その前に打ち合わせ、そして食事もかねて近所の店にやって来たのがスナック「コルトレーン」。え?????ここにコルトレーン?それもスナック?大丈夫かなぁと思いつつ。ここではライブもやっているそうで、たまに東京からも演奏しにくる方がいるそうです。中は普通のお店でした。

東京だとスナックってのはどうも私は好きではないのですが、地方ではスナックであろうとパブであろうとバーであろうと居酒屋であろうと大きな差はないのかなと思いました。ただスナックっていうとカラオケが。それが一番嫌なのですけどね。

案の定タイトなスケジュールなのでそそくさと会場へ。こういうお祭りなので手作り感たっぷりなので環境としては期待出来ないかなと思いつつ現場へ。

111029_134938
日がどんどんステージへ。暑そう。東北は寒いかなと思っていたのですが、暑い。寒さ対策を言われていたのに全然必要がありませんでしたね。そろそろ本番です。

111029_125926
本番開始前に思いっきりステージから撮ってみました。中々見れない写真だと思いますが、この様にお客の席が20メートル位から先に居ます。それでも沢山の方が待っていてくれました。本当に嬉しかったです。

そして始まってみると、かなり楽しく演奏ができました。周りのPAのスタッフや、現地の市長さんも含めこの祭りのために動いていたみなさんの努力や応援の賜物なのでしょう。お客様もとても真剣に聞いてくれてなんて礼儀正しい人達なんだとびっくりしました。 

凄い楽しかったです。それはきっと聞いているみなさんにも伝わったと思います。皆さんから力を貰い、演奏により勇気を与えられるというこういう環境に巡り会えるのはミュージシャン冥利につきます。

地元の方々に復興の勇気に少しでも力になれば嬉しいと思います。沢山の拍手に我々も勇気づけられました。

とても気持ちよく見送られ、タイトなスケジュールなのでそそくさと駅へ帰りました。我々の後に行われていた「ほんにょとり大会」が気になっていましたが、ほんにょとりって何?

今日は夜に仕事が入っている人もあってすぐに帰らないといけないので16時台の新幹線で帰りました。結構あっという間の一日でしたが、今年最後の復興イベント、沢山の方に勇気を与えられていれば嬉しいです。お世話になった会長さん他、会社の方々に本当に感謝します。ありがとうござました。

また来年ですね。以上、復興支援イベントの報告でした。 
posted by Tao at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏記録